FC2ブログ
最新のお知らせ
<走行音リスト更新>
2019.12.11
全て最新のものに更新
公開中の走行音
1127 時間 23 分 02 秒
次回公開予定
東武日光線 
新栃木 
→ 南栗橋
お楽しみに!

音質調整のお知らせ
特急 サンダーバード43号
特急 いなほ6号
特急 北越6号 他

音質調整版アップしました。
これからも順次
取り組んでまいります。
ca-onshitu.jpg
走行音をタグで検索

路線別走行音リスト

ro-all.jpg


ro-jrh.jpg

ro-jre.jpg

ro-jrt.jpg

ro-jrw.jpg

ro-jrs.jpg

ro-jrk.jpg

ro-th-sk3.jpg

ro-kt-ot.jpg

ro-kt-sk3.jpg

ro-tk-s.jpg

ro-tk-k3.jpg

ro-ki-s.jpg

ro-ki-k3.jpg

ro-cs-sk3.jpg

ro-k-sk3.jpg
音鉄紀行 ラインナップ
 2009年10月 ▼
山陰本線縦断紀行
 2010年1月 ▼
ca-chugoku.jpg
 2010年9月 ▼
四国の旅1
 2010年10月 ▼
四国の旅2
 2011年8月 ▼
紀勢・高山本線の旅
2011年9月 ▼
近鉄三昧の旅
 2011年10月 ▼
北九州普通列車の旅
 2012年5月 ▼
九州満喫の旅1
 2012年7月 ▼
サンライズ&間合い紀行
 2012年8月 ▼
北陸の旅1
 2012年9月 ▼
北陸の旅2
 2012年10月 ▼
四国の旅3
 2012年12月 ▼
関西私鉄支線紀行
 2013年1月 ▼旅行記付き
名鉄三昧の旅
 2013年1月 ▼
四国の旅4
 2013年1月 ▼
惜別183系の旅
 2013年3月 ▼
岡山県の旅
 2013年4月 ▼
高山本線の旅2
 2013年4月 ▼
東海道地方私鉄紀行
 2013年5月 ▼
九州満喫の旅2
 2013年9月 ▼旅行記付き
濃尾ディーゼル紀行
 2013年10月 ▼旅行記付き
日本海縦貫485系紀行
 2013年11月 ▼旅行記付き
えちぜん鉄道オフ会の旅
 2014年1月 ▼
超弾丸!寝台列車三昧の旅
 2014年1月 ▼
北斗星ボツの骨折り損紀行
 2014年2月 ▼旅行記付き
ca-wakayama.jpg
 2014年5月 ▼旅行記付き
北斗星リベンジ紀行
 2014年5月 ▼旅行記付き
ca-miyakoji.jpg
 2014年7月 ▼旅行記付き
ca-nobi2.jpg
 2014年8月 ▼旅行記付き
ca-chugoku_d.jpg
 2014年10月 ▼旅行記付き
ca-ktr.jpg
 2014年11月 ▼旅行記付き
ca-alpen.jpg
 2014年11月 ▼旅行記付き
ca-hokuriku3.jpg
 2014年12月 ▼旅行記付き
ca-ao.jpg
 2015年1月 ▼旅行記付き
ca-hokuriku3.jpg
 2015年1月 ▼旅行記付き
ca-kogaiga.jpg
 2015年4月 ▼旅行記付き
ca-kiseiji.jpg
 2015年5月 ▼旅行記付き
ca-hokuriku3.jpg
 2015年8月 ▼旅行記付き
ca-tohoku_d.jpg
 2015年9月 ▼旅行記付き
ca-koushin.jpg
 2015年10月 ▼旅行記付き
ca-chugoku_w.jpg
 2015年11月 ▼旅行記付き
ca-gunma.jpg
 2016年1月 ▼旅行記付き
ca-JRtk_san.jpg
 2016年1月 ▼旅行記付き
ca-meitetsu2.jpg
 2016年1月  ▼旅行記付き
ca若狭
 2016年3月 ▼
ca高野山
 2016年3月 ▼旅行記付き
ca京都
 2016年5月 ▼旅行記付き
ca三重長野
 2016年10月 ▼旅行記付き
ca大糸
 2017年1月 ▼旅行記付き
ca関私1
 2017年1月 ▼旅行記付き
ca関私2
 2017年2月 ▼旅行記付き
ca東海道
 2017年3月 ▼旅行記付き
ca西鉄
 2017年5月 ▼旅行記付き
ca東北電
 2017年10月 ▼旅行記付き
caときわ
 2017年12月 ▼旅行記付き
ca大井川
 2018年1月 ▼旅行記付き
ca関私3
 2018年9月 ▼旅行記付き
ca四国観
 2018年10月 ▼旅行記付き
ca山陰2
 2018年11月 ▼旅行記付き
ca奈良
 2018年10~12月 ▼
ca支線2
 2018年12月 ▼旅行記付き
ca名古屋
 2019年1月 ▼旅行記付き
ca地下鉄
 2019年2月 ▼旅行記付き
ca乗り鉄
 2019年5月 ▼旅行記付き
ca北海道1
 2019年9月 ▼
ca鳥取
 2019年9月 ▼旅行記付き
ca野州
 
単発収録列車
 
山陽路長距離普通の旅
 
ca-103.jpg
 
ca広電
 
ca大阪市
 
caバス
 
最新記事
月別アーカイブ
弾丸鉄男について

弾丸 鉄男

Author:弾丸 鉄男
生 年:1974年
居住地:兵庫県、山陽電鉄沿線
趣 味:音鉄、落語鑑賞
仕 事:建設関係サラリーマン

お願い
当ブログ内の走行音ファイルの 著作権は、私、弾丸鉄男が所有 しております。商用使用や再配布 など2次使用はご遠慮ください。 個人的にお楽しみ頂く範囲で お願いいたします。 また、収録列車などについての 鉄道会社様への問い合わせ等は 厳に慎んでください。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

2014年5月 北斗星リベンジ紀行③ (東北縦貫篇)

音 鉄 列 車 ラ イ ン ナ ッ プ
↓↓ 各ページへは車両アイコンをクリック!

 旅行日 : 2014.05.05
1aoim703.gif 青森 (06:27) → 八戸 (07:50)公開中 
収録評価 : 
 快速 八戸ゆき 青い森703-11
 
2igr7001.gif 八戸 (08:47) → 盛岡 (10:57)
公開中
収録評価 : 
 普通 盛岡ゆき IGR7001-2
 
3e701mo.gif 盛岡 (11:56) → 一ノ関 (13:32)
ボツ
収録評価 : ×
 普通 一ノ関ゆき クモハ701-1034
 
4e701se2.gif 一ノ関 (13:56) → 小牛田 (14:41)
公開中
収録評価 : 
 普通 小牛田ゆき クモハ701-105
 
5e701se.gif 小牛田 (14:52) → 仙台 (15:38)
公開中
収録評価 : 
 普通 仙台ゆき クモハ701-1028
 
6e719.gif 仙台 (16:02) → 福島 (17:16)
公開中
収録評価 : △
 快速 福島ゆき クモハ719-39
 
7e719.gif 福島 (17:24) → 黒磯 (19:25)
公開中
収録評価 :△
 普通 黒磯ゆき クモハ719-39
 
8e205sh1.gif 黒磯 (19:31) → 宇都宮 (20:21)
公開中
収録評価 : 
 普通 宇都宮ゆき モハ205-604
 
9e231td1.gif 宇都宮 (20:37) → 上野 (22:08)
準備中
収録評価 : 
 快速 上野ゆき モハE231-1033
 
 ↓↓ 旅行記は続きをご覧ください。
 1 
はまなすを降りて、眠い目をこすりながら、休む間もなく帰路も弾丸音鉄です。

第3セクターで遅い在来線なのに運賃は高い、
なんとなく納得がいかないですね。
 2 
八戸駅前の ホテルメッツ八戸3F 『烹鱗』 で朝食バイキング。
前日の北斗星の朝食の半額ですが、ボリューム、内容ともに大満足な朝食でした。

高い運賃の両3セク線を一発成功できたのはよかったです。
 3 
盛岡では恒例のお土産タイム。
職場みんなが旅行に行くとお土産を買ってくる風潮なので、休み毎に出かけているのがバレバレの私は、行程のどこかで時間を作らなければなりません。
ちなみに、レコーダー片手に電車乗りまわってる、というのは内緒です。

一ノ関ゆきは、当初座った席の近くに女子中学生グループが乗ってきて、ガヤガヤ喋りだしたので、離れた所に移動。
ですが発車間際にうるさい夫婦が乗ってきて、早速駅弁を食べ始める始末。
その夫婦もまさかロングシートだとは思ってなかったようで・・・
先ほどの中学生は発車後すぐにスマホに熱中で静かになったのですが、時すでに遅しで、そのあたりは満員状態。

チクショーめ!
 4 

 5 

小牛田行きも仙台行きも701系。
初めからわかってることですが、面白くないぞ~。

ですが小牛田からは4両編成という所に都会に近づいているのを感じます。
八戸から5時間以上も701系に乗ってます。
 6 

 7 



仙台→福島は音鉄的には結構難所なのではないでしょうか。

しかし行程上、快速列車でも乗らざるを得ず、満員の719系に乗ります。
やっと701系から開放されました。

少しでもマシな環境をと思い、4両編成最後尾で車掌さんの方にマイクを向けていたわけですが、まあ駄目モトでの収録でした。

福島到着前に衝撃の放送!
「この列車がそのまま黒磯行きとなります」

え~っ! じゃあ黒磯行きだけ収録成功しても全区間にならないって事?
こりゃあ、意地でも全区間編集しなきゃ。

ですが聞いてみると、仙台→福島の方がいい感じ。
福島からは座席上での収録でしたが、混雑していた為、かえって篭った音になってしまいました。

福島を境にして編集方法をガラッと変えたので、別列車として公開します。
 
黒磯からは205系。
205系というと都会の電車というイメージなので、ちょっと意外。
でもM車の音的には録りやすい列車なので、長距離運用はうれしいですね。
 9 
長かった東北縦貫紀行もいよいよ最後の列車。
15両の快速ラビット、後方の4両付属編成での収録です。

朝の八戸での朝食から何も食べてない・・・
青森→上野は、東京→大阪よりも距離が長いのですね。
よくこんな無茶な収録プランを実行したものです。

自分へのご褒美で翌日の新幹線はこだまのG車で帰ることとし、神田で一人居酒屋の遅い夕食で疲れを癒しました。

余談ですが、そのこだまのG車でも収録してみたのですが、さすがG車だけあって700系でも防音対策バッチリのため、ボツとしました。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント