FC2ブログ
最新のお知らせ
<走行音リスト更新>
2019.12.11
全て最新のものに更新
公開中の走行音
1127 時間 23 分 02 秒
次回公開予定
東武日光線 
新栃木 
→ 南栗橋
お楽しみに!

音質調整のお知らせ
特急 サンダーバード43号
特急 いなほ6号
特急 北越6号 他

音質調整版アップしました。
これからも順次
取り組んでまいります。
ca-onshitu.jpg
走行音をタグで検索

路線別走行音リスト

ro-all.jpg


ro-jrh.jpg

ro-jre.jpg

ro-jrt.jpg

ro-jrw.jpg

ro-jrs.jpg

ro-jrk.jpg

ro-th-sk3.jpg

ro-kt-ot.jpg

ro-kt-sk3.jpg

ro-tk-s.jpg

ro-tk-k3.jpg

ro-ki-s.jpg

ro-ki-k3.jpg

ro-cs-sk3.jpg

ro-k-sk3.jpg
音鉄紀行 ラインナップ
 2009年10月 ▼
山陰本線縦断紀行
 2010年1月 ▼
ca-chugoku.jpg
 2010年9月 ▼
四国の旅1
 2010年10月 ▼
四国の旅2
 2011年8月 ▼
紀勢・高山本線の旅
2011年9月 ▼
近鉄三昧の旅
 2011年10月 ▼
北九州普通列車の旅
 2012年5月 ▼
九州満喫の旅1
 2012年7月 ▼
サンライズ&間合い紀行
 2012年8月 ▼
北陸の旅1
 2012年9月 ▼
北陸の旅2
 2012年10月 ▼
四国の旅3
 2012年12月 ▼
関西私鉄支線紀行
 2013年1月 ▼旅行記付き
名鉄三昧の旅
 2013年1月 ▼
四国の旅4
 2013年1月 ▼
惜別183系の旅
 2013年3月 ▼
岡山県の旅
 2013年4月 ▼
高山本線の旅2
 2013年4月 ▼
東海道地方私鉄紀行
 2013年5月 ▼
九州満喫の旅2
 2013年9月 ▼旅行記付き
濃尾ディーゼル紀行
 2013年10月 ▼旅行記付き
日本海縦貫485系紀行
 2013年11月 ▼旅行記付き
えちぜん鉄道オフ会の旅
 2014年1月 ▼
超弾丸!寝台列車三昧の旅
 2014年1月 ▼
北斗星ボツの骨折り損紀行
 2014年2月 ▼旅行記付き
ca-wakayama.jpg
 2014年5月 ▼旅行記付き
北斗星リベンジ紀行
 2014年5月 ▼旅行記付き
ca-miyakoji.jpg
 2014年7月 ▼旅行記付き
ca-nobi2.jpg
 2014年8月 ▼旅行記付き
ca-chugoku_d.jpg
 2014年10月 ▼旅行記付き
ca-ktr.jpg
 2014年11月 ▼旅行記付き
ca-alpen.jpg
 2014年11月 ▼旅行記付き
ca-hokuriku3.jpg
 2014年12月 ▼旅行記付き
ca-ao.jpg
 2015年1月 ▼旅行記付き
ca-hokuriku3.jpg
 2015年1月 ▼旅行記付き
ca-kogaiga.jpg
 2015年4月 ▼旅行記付き
ca-kiseiji.jpg
 2015年5月 ▼旅行記付き
ca-hokuriku3.jpg
 2015年8月 ▼旅行記付き
ca-tohoku_d.jpg
 2015年9月 ▼旅行記付き
ca-koushin.jpg
 2015年10月 ▼旅行記付き
ca-chugoku_w.jpg
 2015年11月 ▼旅行記付き
ca-gunma.jpg
 2016年1月 ▼旅行記付き
ca-JRtk_san.jpg
 2016年1月 ▼旅行記付き
ca-meitetsu2.jpg
 2016年1月  ▼旅行記付き
ca若狭
 2016年3月 ▼
ca高野山
 2016年3月 ▼旅行記付き
ca京都
 2016年5月 ▼旅行記付き
ca三重長野
 2016年10月 ▼旅行記付き
ca大糸
 2017年1月 ▼旅行記付き
ca関私1
 2017年1月 ▼旅行記付き
ca関私2
 2017年2月 ▼旅行記付き
ca東海道
 2017年3月 ▼旅行記付き
ca西鉄
 2017年5月 ▼旅行記付き
ca東北電
 2017年10月 ▼旅行記付き
caときわ
 2017年12月 ▼旅行記付き
ca大井川
 2018年1月 ▼旅行記付き
ca関私3
 2018年9月 ▼旅行記付き
ca四国観
 2018年10月 ▼旅行記付き
ca山陰2
 2018年11月 ▼旅行記付き
ca奈良
 2018年10~12月 ▼
ca支線2
 2018年12月 ▼旅行記付き
ca名古屋
 2019年1月 ▼旅行記付き
ca地下鉄
 2019年2月 ▼旅行記付き
ca乗り鉄
 2019年5月 ▼旅行記付き
ca北海道1
 2019年9月 ▼
ca鳥取
 2019年9月 ▼旅行記付き
ca野州
 
単発収録列車
 
山陽路長距離普通の旅
 
ca-103.jpg
 
ca広電
 
ca大阪市
 
caバス
 
最新記事
月別アーカイブ
弾丸鉄男について

弾丸 鉄男

Author:弾丸 鉄男
生 年:1974年
居住地:兵庫県、山陽電鉄沿線
趣 味:音鉄、落語鑑賞
仕 事:建設関係サラリーマン

お願い
当ブログ内の走行音ファイルの 著作権は、私、弾丸鉄男が所有 しております。商用使用や再配布 など2次使用はご遠慮ください。 個人的にお楽しみ頂く範囲で お願いいたします。 また、収録列車などについての 鉄道会社様への問い合わせ等は 厳に慎んでください。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

特急 北斗星① 上野→青森 スハネ25 503

259-0608-12          
 収録日 : 2014.05.03~04 収録評価 : ◎
hokuto-ef510.jpg 上 野青 森
 (19:03 発) (05:05 頃)
 走行距離 : 735.6 km
  ↑ 上の画像は  『 日本の旅・鉄道見聞録 』 様のものを使用させていただいております。

いよいよ今回のメイン、北斗星号です。
 
1月に開放寝台で玉砕したので、今回は個室をGETしました。

同じB個室でも、あけぼの号の個室よりは居住性は優れています。
でも、トワイライトエクスプレスのB個室と比べると随分と劣ります。 

今回は主にJR東日本区間の青森まで。
青森→札幌は、次回公開いたします。


 ↓↓ ダウンロード・旅行記は続きをどうぞ。

 1  
上野 → 宇都宮89分55秒DL-JR東日本

定刻より少し遅れて、上野駅を静かに発車しました。
機関士さん、なかなか上手です。

寛いだ格好なので、駅を低速で通過する度にカーテンを閉めます。
まあ誰も見てないでしょうけど。

食堂車からディナーのご案内がありますが、今回はパス。
パブタイムを楽しみに、個室内でゴロゴロしていました。
 2  
宇都宮 → 郡山98分41秒DL-JR東日本

黒磯を過ぎてしばらくすると、急に減速、停車してしまいました。
強風のため、とのこと。 気象には逆らえません。

そろそろディナーも終わりかな? 食堂車にいきます。
甘かった・・・
パブタイムを待つ行列が、ロビーカーに収まらない勢い。
ディナーの時間もかなり超過し、30分遅れでパブタイム開始。
しかし、私の10組ほど前で、食堂車は満席。
一応順番待ち予約したので個室に戻ります。
 3  
郡山 → 福島56分00秒DL-JR東日本

なんか落ち着かないので、郡山発車後、ロビーカーに戻ります。
この日のロビーカーは鉄オタさんに占拠されていて、雰囲気悪い。
  
本宮付近でまたもや急停車。
この時間は放送も終了していて、何が起こったのか分かりません。
 
すると、ロビーカーの鉄オタさんが、車掌さんから取材してきて、
聞いてもないのにロビーカーの皆さんに報告してくれました。
踏み切りの安全確認とのこと。
 
この頃には遅れも1時間程になっています。
翌日のプランは最早ご破算な感じ。

そうこうすると22:30、パブタイムはラストオーダーです。
遅れて始まったのなら、終了時刻も遅らせてほしいものです。
 4  
福島 → 仙台65分02秒DL-JR東日本

眠たいのに眠れないのが、夜行音鉄の辛いところ。
レコーダーが途中で電池切れとか、不意の録音停止とかが怖い。
普段は超・楽天家のくせに、こんなところだけ心配性です。

昼間録音したデータをノートPCに取り込んだり、
面白くないのが分かりきっている車内BGMを聞いたり、
仲良くしてもらっている音鉄サイトさんとLINEしたり・・・・
 
退屈な時間を過ごしていると仙台到着。
ここでやっと全体の1/4強、まだまだ先は長い。
 5 
 6 
 
仙台 → 一ノ関71分25秒DL-JR東日本
一ノ関 → 盛岡66分00秒DL-JR東日本

1時間だけ寝ることにしました。

スマホのフラッシュ部分が目の前にくる様におでこにくくりつけ、
無音アラームのフラッシュで目覚める仕掛け。
前回トワイライトの収録の時に編み出した方法です。

この方法での目覚めは、とにかく不快です (汗)
 7 
 8 
 
盛岡 → 八戸通過83分10秒DL-私鉄北日本
八戸通過 → 青森72分36秒DL-私鉄北日本

盛岡発車後すぐ、上野行き北斗星とすれ違い (3分40秒頃)。
こちらが遅れているので、こんな所ですれ違いです。

この日の上野行きには、鉄遊館さん も乗車中。
LINEで 「すれ違うよ」 って送っても無反応。
無理もないですね、普通の人なら寝ている時間です。

何事もないように走行していますが、この区間はJRではないのですね。
平行在来線をJRから切り離す施策、どうにかならないでしょうかね。

今回はここまで。
遅れがさらに増えていくJR北海道区間は次回をお楽しみに!!


12
関連記事
スポンサーサイト



tag : JR東日本 第3セクター 特急 客車 2時間以上

コメント

非公開コメント