最新のお知らせ
<走行音リスト更新>
関東甲信越
中小私鉄公営3セク
リスト新規作成しました。
その他も最新のものに更新
公開中の走行音
865 時間 58 分 31 秒
次回公開予定
近鉄大阪線 急行 
宇治山田 
→ 上本町
お楽しみに!

音質調整のお知らせ
特急 サンダーバード43号
特急 いなほ6号
特急 北越6号 他

音質調整版アップしました。
これからも順次
取り組んでまいります。
ca-onshitu.jpg
走行音をタグで検索

路線別走行音リスト

ro-all.jpg


ro-jrh.jpg

ro-jre.jpg

ro-jrt.jpg

ro-jrw.jpg

ro-jrs.jpg

ro-jrk.jpg

ro-th-sk3.jpg

ro-kt-ot.jpg

ro-kt-sk3.jpg

ro-tk-s.jpg

ro-tk-k3.jpg

ro-ki-s.jpg

ro-ki-k3.jpg

ro-cs-sk3.jpg

ro-k-sk3.jpg
音鉄紀行 ラインナップ
 2009年10月
山陰本線縦断紀行
 2010年1月
ca-chugoku.jpg
 2010年9月
四国の旅1
 2010年10月
四国の旅2
 2011年8月
紀勢・高山本線の旅
 2011年9月
近鉄三昧の旅
 2011年10月
北九州普通列車の旅
 2012年5月
九州満喫の旅1
 2012年7月
サンライズ&間合い紀行
 2012年8月
北陸の旅1
 2012年9月
北陸の旅2
 2012年10月
四国の旅3
 2012年12月
関西私鉄支線紀行
 2013年1月         旅行記付き 
名鉄三昧の旅
 2013年1月
四国の旅4
 2013年1月
惜別183系の旅
 2013年3月
岡山県の旅
 2013年4月
高山本線の旅2
 2013年4月
東海道地方私鉄紀行
 2013年5月
九州満喫の旅2
 2013年9月         旅行記付き 
濃尾ディーゼル紀行
 2013年10月        旅行記付き 
日本海縦貫485系紀行
 2013年11月        旅行記付き 
えちぜん鉄道オフ会の旅
 2014年1月
超弾丸!寝台列車三昧の旅
 2014年1月
北斗星ボツの骨折り損紀行
 2014年2月         旅行記付き 
ca-wakayama.jpg
 2014年5月         旅行記付き 
北斗星リベンジ紀行
 2014年5月         旅行記付き 
ca-miyakoji.jpg
 2014年7月         旅行記付き 
ca-nobi2.jpg
 2014年8月         旅行記付き 
ca-chugoku_d.jpg
 2014年10月        旅行記付き 
ca-ktr.jpg
 2014年11月        旅行記付き 
ca-alpen.jpg
 2014年11月        旅行記付き 
ca-hokuriku3.jpg
 2014年12月     
ca-ao.jpg
 2015年1月        旅行記付き 
ca-hokuriku3.jpg
 2015年1月         旅行記付き 
ca-kogaiga.jpg
 2015年4月        旅行記付き 
ca-kiseiji.jpg
 2015年5月        旅行記付き 
ca-hokuriku3.jpg
 2015年8月        旅行記付き 
ca-tohoku_d.jpg
 2015年9月        旅行記付き 
ca-tohoku_d.jpg
 2015年10月       旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2015年11月       旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2016年1月        旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2016年1月        旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2016年1月        旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2016年3月        旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2016年3月        旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2016年5月        旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg  

ca-tanpatsu.jpg

山陽路長距離普通の旅

ca-103.jpg

ca-103.jpg

最新記事
月別アーカイブ
弾丸鉄男について

弾丸 鉄男

Author:弾丸 鉄男
生 年:1974年
居住地:兵庫県、山陽電鉄沿線
趣 味:音鉄、落語鑑賞
仕 事:建設関係サラリーマン

お願い
当ブログ内の走行音ファイルの 著作権は、私、弾丸鉄男が所有 しております。商用使用や再配布 など2次使用はご遠慮ください。 個人的にお楽しみ頂く範囲で お願いいたします。 また、収録列車などについての 鉄道会社様への問い合わせ等は 厳に慎んでください。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

2014年5月 北斗星リベンジ紀行① (茨城南部篇)


音 鉄 列 車 ラ イ ン ナ ッ プ
        ↓↓ 各ページへは車両アイコンをクリック!

 旅行日 : 2014.05.03
1tx2000.gif 秋葉原 (06:05) → つくば (06:50)公開中 
収録評価 :
 快速 つくばゆき TX 2570
 
 つくば→守谷へトンボで移動。四国三郎さんと合流

2kant2300.gif 守谷 (08:25) → 下館 (09:12)
公開中
収録評価 :
 快速 下館ゆき 関鉄 2401
 
3kant5000.gif 下館 (09:14) → 取手 (10:22)
公開中
収録評価 :
 快速 取手ゆき 関鉄 5002
 
 取手→下館→取手→佐貫と移動。詳細は下記旅行記にて。

4kant2001.gif 佐貫 (   ) → 竜ケ崎 (   )
公開中
収録評価 :
 普通 竜ケ崎ゆき 関鉄 2002

 この間、割愛。

5tkm5000g.gif 綾瀬 (   ) → 北綾瀬 (   )
ボツ
収録評価 : ×
 普通 北綾瀬ゆき メトロ 5151
 
6tkm5000g.gif 北綾瀬 (   ) → 綾瀬 (   )
公開中
収録評価 :
 普通 綾瀬ゆき メトロ 5151
 
7kese3500n.gif 金町 (   ) → 京成高砂 (   )
ボツ
収録評価 : ×
 普通 京成高砂ゆき 京成 3515
 
 ↓↓ 旅行記は続きをご覧ください。
 
 2014年のGWは北斗星をメインにしました。
 北斗星の発車時刻までの間、四国三郎(牟岐海岸鉄道)さん
 お付き合いしてくれると言うので、遠慮なく連れまわしました(笑)
 
 前日深夜まで仕事だったにも関わらず、早朝から出てきてくれてありがとう
 という訳で、その日の行動の記録です。

 

 
 東京に宿泊する時は、いつも神田の「カプセルバリュー神田」です。
 東京駅に近く、価格もリーズナブル。

 TXの前に山手線でも収録を、と思い4:30に起床。
 初発電車に乗車しましたが、3駅ほど進んで自分が乗車したのが
 T車である事に気付き、M車に移動はしたもののあいにくの環境でボツ
 結果的にはこれでよかった。

1
 TX快速のクロスシート車は沿線各所にあるゴルフ場へ行く人で、
 客数以上に賑やか。
 私は迷わずロングシート車(5両目)に陣取ります。

 発車間際に四国さん到着。軽く挨拶だけて、私の乗った快速は発車。
 四国さんは次発の普通でWで攻めようという作戦
 
 私の方は心配した北千住でも乗車はほとんどなく、順調に客数が減り、
 守谷で5両目は貸切状態に。
 その頃、四国さんの乗った普通電車は中学生で大賑わいだったようで…
 守谷で下車して待っていてくれるとのこと。

 私もつくばからトンボで守谷に向かいます。

 
 この日の私の狙いは関東鉄道の快速列車です。
 時刻表を見る感じでは、結構頑張った走行をするような気がします。
 守谷駅構内の吉野家で重い朝食の後、2人で関鉄に乗りに行きます。

2
 快速は1両ワンマン。予想に反して結構な混雑。
 まあ1両だから仕方ないです。
 私は最前部で、四国さんは最後部でそれぞれ音鉄。
 ざわざわした割には使える音でよかった。

3
 下館に着くと、迎いのホームにガラガラの取手行き快速が停車中。
 即決で乗車です。
 四国さんは大分お疲れのようで、取手行きは基本爆睡でした。

 

 
 真岡鉄道を収録する為、取手からまた下館に戻ります。
 ここでやっと四国さんとゆっくり会話。
 どんなに仲が良くても収録中は話せない、因果な趣味です。
 余談ですが、私と四国さんの会話に鉄道の話題はほぼ無いです。
 お互い音鉄趣味ですが、それほど鉄マニアではない所が似てます。
 
 下館のモスバで軽い昼食。

 真岡鉄道のホームに行った瞬間、ダメダコリャの混雑ぶり。
 時間もカネも無駄になるとの判断で、今度は竜ケ崎線を収録する為に
 またもや取手に戻る。
 常総線を2往復するとは思ってもみなかった。

4
5
6

 わけもなく竜ケ崎線を収録し、いよいよ東京へ戻るのですが、
 北斗星にはちょっと早い。

 四国さんの提案で北綾瀬線を収録することになりました。
 こんな路線があることすら知りませんでした。
 冷房が派手に点いてますが、5000系で収録。
 5000系は先日引退したようで、四国さんに感謝です。

7
 綾瀬から上野まで行くのにも、わざわざ京成金町線を経由。
 せっかくの東京、1本でも沢山収録したい
 ですが、低速なので走行音小さい割に、乗換案内の長い放送の声が
 やけに大きく、ボツ。

  
 そこでやっとミッション終了。
 四国さんは北斗星ホームまでお見送りしてくれました。
 疲れてるのにありがとうね。

 録れ高以上に楽しい一日でした。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント