FC2ブログ
最新のお知らせ
<走行音リスト更新>
2018.01.08
全て最新のものに更新
公開中の走行音
989 時間 20 分 54 秒
次回公開予定
特急うずしお30号 
徳島 
→ 高松
お楽しみに!

音質調整のお知らせ
特急 サンダーバード43号
特急 いなほ6号
特急 北越6号 他

音質調整版アップしました。
これからも順次
取り組んでまいります。
ca-onshitu.jpg
走行音をタグで検索

路線別走行音リスト

ro-all.jpg


ro-jrh.jpg

ro-jre.jpg

ro-jrt.jpg

ro-jrw.jpg

ro-jrs.jpg

ro-jrk.jpg

ro-th-sk3.jpg

ro-kt-ot.jpg

ro-kt-sk3.jpg

ro-tk-s.jpg

ro-tk-k3.jpg

ro-ki-s.jpg

ro-ki-k3.jpg

ro-cs-sk3.jpg

ro-k-sk3.jpg
音鉄紀行 ラインナップ
 2009年10月
山陰本線縦断紀行
 2010年1月
ca-chugoku.jpg
 2010年9月
四国の旅1
 2010年10月
四国の旅2
 2011年8月
紀勢・高山本線の旅
 2011年9月
近鉄三昧の旅
 2011年10月
北九州普通列車の旅
 2012年5月
九州満喫の旅1
 2012年7月
サンライズ&間合い紀行
 2012年8月
北陸の旅1
 2012年9月
北陸の旅2
 2012年10月
四国の旅3
 2012年12月
関西私鉄支線紀行
 2013年1月         旅行記付き 
名鉄三昧の旅
 2013年1月
四国の旅4
 2013年1月
惜別183系の旅
 2013年3月
岡山県の旅
 2013年4月
高山本線の旅2
 2013年4月
東海道地方私鉄紀行
 2013年5月
九州満喫の旅2
 2013年9月         旅行記付き 
濃尾ディーゼル紀行
 2013年10月        旅行記付き 
日本海縦貫485系紀行
 2013年11月        旅行記付き 
えちぜん鉄道オフ会の旅
 2014年1月
超弾丸!寝台列車三昧の旅
 2014年1月
北斗星ボツの骨折り損紀行
 2014年2月         旅行記付き 
ca-wakayama.jpg
 2014年5月         旅行記付き 
北斗星リベンジ紀行
 2014年5月         旅行記付き 
ca-miyakoji.jpg
 2014年7月         旅行記付き 
ca-nobi2.jpg
 2014年8月         旅行記付き 
ca-chugoku_d.jpg
 2014年10月        旅行記付き 
ca-ktr.jpg
 2014年11月        旅行記付き 
ca-alpen.jpg
 2014年11月        旅行記付き 
ca-hokuriku3.jpg
 2014年12月     
ca-ao.jpg
 2015年1月        旅行記付き 
ca-hokuriku3.jpg
 2015年1月         旅行記付き 
ca-kogaiga.jpg
 2015年4月        旅行記付き 
ca-kiseiji.jpg
 2015年5月        旅行記付き 
ca-hokuriku3.jpg
 2015年8月        旅行記付き 
ca-tohoku_d.jpg
 2015年9月        旅行記付き 
ca-tohoku_d.jpg
 2015年10月       旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2015年11月       旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2016年1月        旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2016年1月        旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2016年1月        旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2016年3月        旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2016年3月        旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2016年5月        旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg  

ca-tanpatsu.jpg

山陽路長距離普通の旅

ca-103.jpg

ca-103.jpg

最新記事
月別アーカイブ
弾丸鉄男について

弾丸 鉄男

Author:弾丸 鉄男
生 年:1974年
居住地:兵庫県、山陽電鉄沿線
趣 味:音鉄、落語鑑賞
仕 事:建設関係サラリーマン

お願い
当ブログ内の走行音ファイルの 著作権は、私、弾丸鉄男が所有 しております。商用使用や再配布 など2次使用はご遠慮ください。 個人的にお楽しみ頂く範囲で お願いいたします。 また、収録列車などについての 鉄道会社様への問い合わせ等は 厳に慎んでください。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

2018年10月 山陰縦断紀行②

音 鉄 列 車 ラ イ ン ナ ッ プ
        ↓↓ 各ページへは車両アイコンをクリック!

 旅行日 : 2018.10.07
1train-jrw120mi1.gif 厚狭 (10:32) → 長門市 (11:37)公開中 
収録評価 :
 普通 長門市ゆき キハ120 10
2w40or.gif 長門市 (11:53) → 小串 (13:10)
公開中  
収録評価 : 
 普通 小串ゆき キハ40 2119
3w40or.gif 小串 (13:11) → 下関 (13:56)
公開中  
収録評価 : 
 普通 下関ゆき キハ47 152
4w40or.gif 下関 (14:24) →  小串 (15:06)
公開中  
収録評価  
 普通 小串ゆき キハ47 1131
5w40or.gif 小串 (15:45) → 長門市 (16:59)
公開中  
収録評価 : 
 普通 長門市ゆき キハ40 2119
6w40or.gif 長門市 (17:36) → 益田 (19:29)
公開中  
収録評価 : 
 普通 益田ゆき キハ47 40
7train-jrw120hm.gif 益田 (21:45) → 浜田 (22:32)
 普通 浜田ゆき キハ120 311
8train-jrw120hm.gif 浜田 (22:49) → 益田 (23:35)
収録せず
 普通 益田ゆき キハ120形
 
 旅行日 : 2018.10.08
9train-jrw126.gif 益田 (07:43) → 米子 (11:13)
ボツ
データ破損
 快速 米子ゆき キハ126-4
10train-jrw126.gif 米子 (12:56) → 鳥取 (14:35)
ボツ
データ破損
 快速 鳥取ゆき キハ126-15
11w40or.gif 鳥取 (14:37) → 浜坂 (15:23)
ボツ 
データ破損
 普通 浜坂ゆき キハ47 80
12w40or.gif 浜坂 (16:16) → 豊岡 (18:03)
ボツ
データ破損
 普通 豊岡ゆき キハ47 15
 
 ↓↓ 旅行記は続きをご覧ください。


 1 

山陰本線縦断の旅は2009年にも行きましたけど、その時は音鉄超初心者の頃で、知識も拘りも何もなくとにかく録りまくる状態。
編集技術もなく、クソ走行音のまま公開して放置していた山陰本線の走行音を録り直す旅です。

本来なら前日夜に可部線の新線区間を録って下関入りする予定だったのですが、台風の影響で当日朝に家を出て美祢線からスタートする行程になりました。

遅い時間のスタートでしたけど、美祢線の長門市行きは拍子抜けなほどあっさりGET。

 2 
 3 
 4 
 5 


下関までを美祢線経由にするか山陰本線経由にするか迷ったのですが、復路の美祢線は東萩始発で、美祢線内だけだと全区間にならないので、山陰本線で下ります。

小串⇔下関は相変わらずの難しさ。
下関行きは高校生、小串行きは老人にやられて△評価です。

復路の小串駅では乗り換え時間が40分ほどあったので、ちょっと駅前の海岸まで出掛けてのんびりしてました。

 6 

キハ120を期待していた長門市→益田もキハ47。
ちょっとガッカリはしましたが、2両編成に助けられいい走行音をGET。

この日の宿泊は、益田駅前の「益田グリーンホテルモーリス」
ここは駅前で綺麗で大浴場もあって、益田に来たときはいつも利用させてもらってます。

早めにチェックインして、夜の音鉄に向けて食事&お風呂&仮眠。

 7 
 8 

仮眠の後、これまでどうしても成功できていなっかった益田→浜田を最終便で狙います。
なぜこの区間にこだわるのかというと、ここを成功すると下関→京都の山陰本線が全て各駅停車の走行音でつながるからなのです。

そしてついに成功。
益田への帰り道は、予め買っていた「勝利の美酒」をいただきました。



そして、この先の2日目の模様は、収録データ全て破損のため、
ただの乗車記となってしまいました。
きっとまたリベンジに来ます!
 9 

アクアライナーは何故か上りと下りで停車駅パターンが全く異なります。収録するなら断然上りです。

9年前にも収録したのですが、その時は音鉄やり始めたばかりの頃で、ビビリ音だらけのクソ走行音。ビビリ音も車両の音ならそんな物と納得するのですが、自分の缶コーヒーの音なので悔いが残ったままでした。
今回漸く再挑戦です。

前回はもう1本後の列車で益田発車から遊びに行く中高生だらけ。
中高生は9時頃から動き出すので、今回はそれを避けるべくこの列車です。
でもこれだけの長時間列車、やっぱり大田市からは混雑列車となってしまいました。

太田市でよりによって親子連れが前に座ってしまい、場所移動。
出雲市で乗客がごそっと入れ替わり松江まで大混雑。
一転、松江から米子はガラガラ。
米子も松江も都市の規模は似てるので、不思議です。

ここは夜の便で収録しなきゃ無理なのかなあ。


米子駅ではたっぷりと時間がありますが、駅は大きいですが、駅前には何もありません。
何もないと言えば語弊がありますね。
ビジネスホテルと居酒屋だらけで、駅から10分ほど歩いたところにイオンがありますが、駅前にはちょっと食事をとるような店もありません。
若者が列車で米子に行かない理由がよくわかりました。

イオンの近くにあるガストで食事休憩です。

10


とっとりライナーはキハ58の時代から気動車としてはかなり爽快な走行音を聞かせてくれます。
途中で11駅も停まるのに表定速度55km/hを保っています。

ちょっとした駅は全て停まる感じなので、全く気持ちが休まりません。
精神的にはかなりハードな音鉄を強いられます。

今回はずっと乗客は多いままなのですが、幸い私の周辺の皆さまは静かな方ばかりでした。

11
12


鳥取→豊岡は、完全に時代に取り残された感があるローカル線です。

ここも9年前に録音している区間ですが、音鉄若気の至り、その時は適当に乗客の少ない所に座ったらエンジンの反対寄りで、殆どエンジン音の聞こえないクソ走行音。
関西からは近い路線ですが、不便すぎてなかなか足が向かず、やっと今回録り直しに来れました。

鳥取での乗り換え時間はわずかなので、録音したまま乗り換えます。

収録は当然のように2両目、エンジンは運転席寄り、万全の状態で録音開始。
すると発車前に便乗乗務員が乗ってきてしまいました。便乗乗務員ってやつは、乗客はみんな静かにしている車内でも何故か絶対によく喋ります。それも仕事の話ならともかく、大抵は極めて下らない私語。
「あ〜あぁ」と思っていると乗務員室に引っ込んでくれました。

浜坂駅でも中途半端な乗り換え時間。
駅前の足湯で時間をつぶしますが、足湯には時間が長すぎて、足首だけ真っ赤になりました。

そして兵庫県区間の豊岡行き、諦めの境地なのか、僅か50kmほどの距離を2時間近くかけて走ります。原付バイクの方が早いんちゃうの?
なので乗客は疎らでした。


益田から豊岡までの8時間半もの収録をすべてパーにしてしまった今回の旅行、ほろ苦い、いやあまりにも苦すぎる経験となりました。

原因がわからないというのが一番困ったところですが、この区間はまた必ずリベンジに行きたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント