最新のお知らせ
<走行音リスト更新>
関東甲信越
中小私鉄公営3セク
リスト新規作成しました。
その他も最新のものに更新
公開中の走行音
850 時間 51 分 46 秒
次回公開予定
京急大師線  
京急川崎 
→ 小島新田
お楽しみに!

音質調整のお知らせ
特急 サンダーバード43号
特急 いなほ6号
特急 北越6号 他

音質調整版アップしました。
これからも順次
取り組んでまいります。
ca-onshitu.jpg
走行音をタグで検索

路線別走行音リスト

ro-all.jpg


ro-jrh.jpg

ro-jre.jpg

ro-jrt.jpg

ro-jrw.jpg

ro-jrs.jpg

ro-jrk.jpg

ro-th-sk3.jpg

ro-kt-ot.jpg

ro-kt-sk3.jpg

ro-tk-s.jpg

ro-tk-k3.jpg

ro-ki-s.jpg

ro-ki-k3.jpg

ro-cs-sk3.jpg

ro-k-sk3.jpg
音鉄紀行 ラインナップ
 2009年10月
山陰本線縦断紀行
 2010年1月
ca-chugoku.jpg
 2010年9月
四国の旅1
 2010年10月
四国の旅2
 2011年8月
紀勢・高山本線の旅
 2011年9月
近鉄三昧の旅
 2011年10月
北九州普通列車の旅
 2012年5月
九州満喫の旅1
 2012年7月
サンライズ&間合い紀行
 2012年8月
北陸の旅1
 2012年9月
北陸の旅2
 2012年10月
四国の旅3
 2012年12月
関西私鉄支線紀行
 2013年1月         旅行記付き 
名鉄三昧の旅
 2013年1月
四国の旅4
 2013年1月
惜別183系の旅
 2013年3月
岡山県の旅
 2013年4月
高山本線の旅2
 2013年4月
東海道地方私鉄紀行
 2013年5月
九州満喫の旅2
 2013年9月         旅行記付き 
濃尾ディーゼル紀行
 2013年10月        旅行記付き 
日本海縦貫485系紀行
 2013年11月        旅行記付き 
えちぜん鉄道オフ会の旅
 2014年1月
超弾丸!寝台列車三昧の旅
 2014年1月
北斗星ボツの骨折り損紀行
 2014年2月         旅行記付き 
ca-wakayama.jpg
 2014年5月         旅行記付き 
北斗星リベンジ紀行
 2014年5月         旅行記付き 
ca-miyakoji.jpg
 2014年7月         旅行記付き 
ca-nobi2.jpg
 2014年8月         旅行記付き 
ca-chugoku_d.jpg
 2014年10月        旅行記付き 
ca-ktr.jpg
 2014年11月        旅行記付き 
ca-alpen.jpg
 2014年11月        旅行記付き 
ca-hokuriku3.jpg
 2014年12月     
ca-ao.jpg
 2015年1月        旅行記付き 
ca-hokuriku3.jpg
 2015年1月         旅行記付き 
ca-kogaiga.jpg
 2015年4月        旅行記付き 
ca-kiseiji.jpg
 2015年5月        旅行記付き 
ca-hokuriku3.jpg
 2015年8月        旅行記付き 
ca-tohoku_d.jpg
 2015年9月        旅行記付き 
ca-tohoku_d.jpg
 2015年10月       旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2015年11月       旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2016年1月        旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2016年1月        旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2016年1月        旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2016年3月        旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2016年3月        旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg
 2016年5月        旅行記付き 
ca-chugoku_w.jpg  

ca-tanpatsu.jpg

山陽路長距離普通の旅

ca-103.jpg

ca-103.jpg

最新記事
月別アーカイブ
弾丸鉄男について

弾丸 鉄男

Author:弾丸 鉄男
生 年:1974年
居住地:兵庫県、山陽電鉄沿線
趣 味:音鉄、落語鑑賞
仕 事:建設関係サラリーマン

お願い
当ブログ内の走行音ファイルの 著作権は、私、弾丸鉄男が所有 しております。商用使用や再配布 など2次使用はご遠慮ください。 個人的にお楽しみ頂く範囲で お願いいたします。 また、収録列車などについての 鉄道会社様への問い合わせ等は 厳に慎んでください。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

急行はまなす 札幌→青森 オハ14 511

262-0614-12          
 収録日 : 2014.05.04 ~ 05 収録評価 : ◎
はまなす札 幌青 森
 (22:00 発) (05:39 着)
 走行距離 : 491.9 km
  ↑ 上の画像は 弾丸鉄男 撮影のものを使用しております。


はじめは乗るつもりではなかった 『はまなす』 です。

北斗星下車後に札幌駅の券売機で空席状況を見てみると、
GW真っ只中なのに増結指定席はガラガラではないですか!
この直前まで乗ろうかどうしようか迷っていましたが、
これで決めました。 そして最高の結果が得られました。

もっとも、当初購入した座席は、ディーゼル発電機の真上。
これでは音鉄はままなりません。
車掌さんにお願いして隣の車両に移動。
幸運にも (まぁ予想通りですが) その席の切符を持った人も
乗ってこず、夜通し安定した収録ができました。

さすがの私も、登別発車でとうとう力尽き、爆睡モード。
座席を向かい合わせにして、横になって休めました。
G車流用座席の本来の指定席は満席。
ボロ座席でも空いてさえいれば、かえって快適です。
この日は自由席も似たようなものでした。

函館の長時間停車で喫煙タイム。
発車後また爆睡で、目覚めたらあと10分で青森という所。
最近、歳のせいかイビキが酷くなった弾丸鉄男ですが、
今回は大丈夫でした。

なおこの日は、南千歳での乗換連絡のため少々遅延気味。
おそらく普段よりもスピードが出ています。
手付かずの純正14系客車での軽やかなジョイント音を
聞きながら、ごゆっくりお休みください。


 ↓↓ ダウンロードは続きをどうぞ。



続きを読む

スポンサーサイト

tag : JR北海道 JR東日本 客車 2時間以上 特急

2014年5月 北斗星リベンジ紀行③ (東北縦貫篇)

音 鉄 列 車 ラ イ ン ナ ッ プ
↓↓ 各ページへは車両アイコンをクリック!

 旅行日 : 2014.05.05
1aoim703.gif 青森 (06:27) → 八戸 (07:50)公開中 
収録評価 : 
 快速 八戸ゆき 青い森703-11
 
2igr7001.gif 八戸 (08:47) → 盛岡 (10:57)
公開中
収録評価 : 
 普通 盛岡ゆき IGR7001-2
 
3e701mo.gif 盛岡 (11:56) → 一ノ関 (13:32)
ボツ
収録評価 : ×
 普通 一ノ関ゆき クモハ701-1034
 
4e701se2.gif 一ノ関 (13:56) → 小牛田 (14:41)
公開中
収録評価 : 
 普通 小牛田ゆき クモハ701-105
 
5e701se.gif 小牛田 (14:52) → 仙台 (15:38)
公開中
収録評価 : 
 普通 仙台ゆき クモハ701-1028
 
6e719.gif 仙台 (16:02) → 福島 (17:16)
公開中
収録評価 : △
 快速 福島ゆき クモハ719-39
 
7e719.gif 福島 (17:24) → 黒磯 (19:25)
公開中
収録評価 :△
 普通 黒磯ゆき クモハ719-39
 
8e205sh1.gif 黒磯 (19:31) → 宇都宮 (20:21)
公開中
収録評価 : 
 普通 宇都宮ゆき モハ205-604
 
9e231td1.gif 宇都宮 (20:37) → 上野 (22:08)
準備中
収録評価 : 
 快速 上野ゆき モハE231-1033
 
 ↓↓ 旅行記は続きをご覧ください。

続きを読む

青い森鉄道 青森→八戸 青い森703-11

263-0616-12          
 収録日 : 2014.05.05 収録評価 : ◎
青い森鉄道703青 森八 戸
 (06:27 発) (07:50 着)
 走行距離 : 96.0 km
  ↑ 上の画像は 弾丸鉄男 撮影のものです。 


まんまE721系なのですが、青い森鉄道では703系を名乗ります。

快速区間では、快速列車らしい走行を満喫できます。
ラストで部活高校生が乗ってきましたが、スマホに夢中。
歩きスマホはいけませんが、車中スマホは個人的には大歓迎です。


 ↓↓ ダウンロードは続きをどうぞ。



続きを読む

tag : 第3セクター

青い森~IGR 八戸→盛岡 IGR7001-2

264-0617-12          
 収録日 : 2014.05.05 収録評価 : ◎
IGR7000八 戸盛 岡
 (8:47 発) (10:57 着)
 走行距離 : 107.9 km
  ↑ 上の画像は 弾丸鉄男 撮影のものです。 


これからずっと701系ばかり乗らされます。
以前この区間を乗りに来た時は、50系客車でした。
(何十年前の話やねん!)
それと比べると流石にスピードアップはしていますが、
居住性はサッパリです。

もっとも収録は編成最後尾の車掌さん席でやっていたので、
居住性も何もありません。

はじめは最高の環境で収録できていましたが、
盛岡に近づくにつれて乗客は増えていきます。
そして車内改札の車掌さんが乗ってきて、車掌さん席を追い出されて
しまいました。
「ここ使いたいので」 と車掌さんに言われ、スゴスゴ退散する
弾丸鉄男を想像して、笑ってやってください。

 ↓↓ ダウンロードは続きをどうぞ。



続きを読む

tag : 第3セクター 2時間以上

東北本線 一ノ関→小牛田 クモハ701-105

265-0618-12          
 収録日 : 2014.05.05 収録評価 : ◎
JR東日本701系仙台 一ノ関小牛田
 (13:56 発) (14:41 着)
 走行距離 : 50.1 km
  ↑ 上の画像は 弾丸鉄男 撮影のものです。 

この列車も車掌さん席で収録しようと準備していたら、
便乗運転士さんが乗ってきてまたもや退散。

座席はほぼ全て埋まっていたので、最後尾ドア前で収録。
ドアがバタバタうるさく、尻に力込めて押さえつけながらの45分間でした。

多分この時のせいで、翌日から尻と太ももがしばらく筋肉痛。つらいわ。


 ↓↓ ダウンロードは続きをどうぞ。



続きを読む

tag : JR東日本

東北本線 小牛田→仙台 クモハ701-1028

266-0619-12          
 収録日 : 2014.05.05 収録評価 : △
JR東日本701系仙台小牛田仙 台
 (14:52 発) (15:38 着)
 走行距離 : 43.2 km
   ↑ 上の画像は 弾丸鉄男 撮影のものです。 

仙台都市圏に近付いて来て、乗客も多めです。
ますます増えると想定して、4両編成2両目の車掌さん席にこもります。

ただそうすると渡り板がガチャガチャうるさく、途中から超満員になった車内の雑音も加わり、音質は良くありません。



 ↓↓ ダウンロードは続きをどうぞ。



続きを読む

tag : JR東日本

東北本線 快速 仙台→福島 クモハ719-39

267-0620-12          
 収録日 : 2014.05.05 収録評価 : △
JR東日本719系仙台 仙 台福 島
 (16:02 発) (17:16 着)
 走行距離 : 79.0 km
   ↑ 上の画像は 弾丸鉄男 撮影のものです。  

この快速は夕方早めに帰宅するにはバッチリな時間帯、
ダメ元で気楽に収録していました。

案の定、ザワザワした環境。
「やっぱりアカンな」と思いながら福島到着の放送を聞いていると、
「この列車がそのまま黒磯行きになります」

何だと?この快速をボツにすると全区間収録にならないって事?
こういうの、個人的には凄く困ります。

でも聞いてみると、まぁ何とか使えるかな。
話し声しない方の足元にマイクを向けてたのが幸いしました。



 ↓↓ ダウンロードは続きをどうぞ。



続きを読む

tag : JR東日本 近郊型

東北本線 福島→黒磯 クモハ719-39

268-0621-12          
 収録日 : 2014.05.05 収録評価 : △
JR東日本719系仙台福 島黒 磯
 (17:24 発) (19:25 着)
 走行距離 : 100.4 km
  ↑ 上の画像は 弾丸鉄男 撮影のものです。 

こちらは割といい感じだな、と収録時には思っていましたが、
何故か凄くこもった音。

もうヘトヘトで、どんなポジションで収録したのかも覚えていない体たらく。
環境は悪くなかったのに、音質悪いです。



 ↓↓ ダウンロードは続きをどうぞ。



続きを読む

tag : JR東日本 近郊型 2時間以上

東北本線 黒磯→宇都宮 モハ205-604

269-0622-12          
 収録日 : 2014.05.05 収録評価 : ◎
JR東日本205系東北 黒 磯宇都宮
 (19:31 発) (20:21 着)
 走行距離 : 53.8 km
  ↑ 上の画像は 弾丸鉄男 撮影のものです。 

やっと関東地方まで戻って来ました。
こんな所で205系に乗るとは思ってもみませんでした。

東北本線ローカルに205系というのは、性能的には合致しているのかな。
いい音でした。

長距離客からすると、せめてクロスシートに改装して欲しい所ですが、
最近の風潮では難しいですかね。


 ↓↓ ダウンロードは続きをどうぞ。



続きを読む

tag : JR東日本